■TOPページ

近年、TVCMで太陽光発電を見かける事が多くなって来ました。また新聞やニュースで飛び交う情報も太陽光発電がらみが多くなってきたと感じてはいませんか?

この中には勿論メガソーラーといった産業用のものもあれば、個人の住宅用のものもあります。そして私達消費者がきにしているのは勿論個人向けの太陽光発電ですよね。

そんな時に、様々な比較ポイントがあり自宅の屋根に設置するにはどのようにすればよいだろうかと思うはずです。当サイトではパネル選びの1つの基準として、パネルの性能に着目して比較をしてみましたので、是非御覧ください。

太陽光発電はどんな要素で比較したらよいですか?

太陽光発電を比較するポイントは人それぞれですが、「価格」、「評判」、「発電量」の面で比較して、バランスの取れている太陽光発電システムを選ぶと、失敗が少ないです。

まず、導入価格。回収期間を短くして収益を上げるためは、価格は低く抑えたいものです。でも、あまりに安いものには注意が必要です。施工プランが最適でない、設置工事がずさん、などの可能性があるからです。

これらは、故障の原因になるだけでなく、発電量にも大きな影響を及ぼすので、導入価格だけに惑わされず、内容を比較検討して選ぶようにしましょう。

つぎに評判、口コミなどともいいますが、実際に使っている人の意見も比較のポイントになります。できれば気候や設置環境の似ている近隣地域の方の評判を調べて、評価の高い太陽光発電システムを選ぶようにしましょう。

そして、なんといっても発電量。どれだけの電気が作れるのか?ということですが、これはとても大切です。発電量の多いシステムであれば、初期費用がかさんだとしても、回収期間を短くできる場合もあるからです。

インターネットの太陽光発電比較サイトを利用すると、上記の比較ポイントに関する情報が、効率よく収集できます。メーカーごとの相場の価格が確認できますし、見積書を取って、ざっくりとではありますが、初期費用を確認することができます。また、発電シミュレーションで自宅に取り付けた場合の発電量を確認する、実際に導入したユーザーの口コミを読むことなども可能です。たとえばこちらのサイトをご参考に(http://太陽光発電発電量・.net

おすすめは比較サイトの確認です

ネット上には様々な着眼点からパネルの比較を行なっているサイトがたくさんあります。「発電量」にだけ着目してパネルを比較していたら、それよりもこの比較をしたほうが適切に判断できますよ、といったアドバイスも見つかったり新たな価値観の発見にともなって、選ぶパネルも異なってくる事がわかるでしょう。

最終的にはご自身の予算、屋根面積、パネル、地域などと合わせての導入検討になると思いますので、あらゆる情報を面倒臭がらずに拾っていく事が大切だと気づくはずですよ。妥協せずに粘り強く検討していきましょう!

このページの先頭へ